へら釣り台GINKAKUの歴史をダイワの担当者さんに語って頂きました

GINKAKUブランドの商品全ての開発から営業まで1人で担当しているグローブライド株式会社の佐藤さんが、キャスティング岩槻インター店でイベントを行うということで、私もキャスティング岩槻インター店さんへお邪魔しました。

GINKAKU釣り台に穴が開いている理由という動画が好評

以前、キャスティングふじみ野店さんで撮影させて頂いた、こちらの動画もGINKAKU担当の佐藤さんが解説してくれています。

GINKAKUに空いてる穴の理由をダイワの開発担当者さんから説明してもらった!

色々な方に見て頂いて、テロップも通しでほとんどの会話に対して入れているので、見やすいと評判です。ぜひご覧ください(笑)

今回は初代銀閣は発売から30年以上が経過

佐藤さんがグローブライド株式会社(当時はダイワ)に入社された翌年の昭和60年に発売されたへらぶな釣り雑誌に、スノーピーク製の銀閣釣り台 G-072 ミニ銀閣が載っていたそうです。

このG-072に使われている差し込み足はクリアランスがMADE IN JAPANクオリティで、海外製では出せない精度になっている・・・というコアな話から、GINKAKU釣り台のカスタマイズ方法まで、へらぶな釣りをいかに快適に行うかという視点から佐藤さんが解説してくれます。

佐藤さんは湖や沼、ダムでのヘラ釣りが大好き

この佐藤さん、ダム湖でのへらぶな釣りが大好きな方で、挙句には自分で竹竿まで作ってしまい、それで型物を釣り上げるのがとても楽しいと熱弁されていました。

気になる方は各地でGINKAKUイベントをしているので、佐藤さんに直接聞いてみると色々面白いお話が聞けると思います。

話が逸れましたが、すべてのGINKAKU釣り台を紹介して頂きました

GINKAKUの釣り台(G-072、G-075、G-076、G-077、G-083、G-084)を紹介して頂いたので、動画でご覧ください。

開発者に聞くGINKAKU釣り台の歴史と現行機種の解説【へら台解説】

今回撮影で協力いただいた方々

キャスティング 岩槻インター店様
グローブライド株式会社 佐藤様
神扇池チーフアドバイザー、ダイワへらフィールドモニター 田邊様

SBFJ@トネガワの釣り歴は一応20年以上。エサのフナ釣りにはじまり、小学生の時にグランダー武蔵を見てはじめたバス釣りは残酷で、人生初のバスが釣れたのは21歳の時であった。最近はほとんどの釣りがへらぶな釣り。