柳池ヘラブナセンターのヘラブナ救出を撮影させて頂きました

静岡県御殿場市にあるヘラブナの管理釣り場柳池ヘラブナセンターでは、水草がここ数年で大量に繁殖してしまったそうで、2020年1月から11月まで営業を中止して水を抜いて水草の対処をする予定です。
それに伴って、現在池で泳いでいるヘラブナたちを救出する必要があります。

今回は愛知県豊田市にあるひだ池の保全活動の一環としてヘラブナを救出・買取する作業に密着して撮影させて頂きました。

柳池ヘラブナセンターの水は事前に抜いてあった

作業日は2020年1月16日ですが、事前に池のオーナーが水を抜いてくれていました。
なので、到着した時点で以下の状態です。

池の水を全部抜くといっても過言じゃない柳池の状態

しかし水草が原因となって池干しをするわけですから、水草がそこら中に張り巡らされています。
このままでは網でヘラブナを掬うこともできず、水草をすべて除去するのも現実的ではないということで残っている水を排出しようという話になりました。

柳池ヘラブナセンターから1台、寺田鮎養殖から1台と、合計2台の小型エンジンポンプを投入して少しずつでも水を排出します。
しかし、どちらも汚水用ではないため途中で止まってしまったり、吸い込み口に水草の破片やヘドロが詰まってしまうというトラブルも多発。

そのため、併せて本来の吐き出し口近くにたまっていたヘドロを削り取って、吐き出し口から水が流れるように対処したり色々と試行錯誤しました。

ヘラブナがどこかに消えてしまった?

そんなこんなで色々と試行錯誤はしましたが、本来は水が抜けていくと同時に魚の背びれが多々見えてくるそうですが、12:00の時点でもその様子が全くありません。
もちろんこれまで100kgくらいのヘラブナは救出できているため、0匹というわけではありませんが、少ない。
時々ヘラブナを見るものの1匹が単独で泳いでいたり、透明な場所に10~20匹程度まとまっているくらいです。

お昼休憩後に竹の棒を持ち水面を叩いてみたりと色々試しましたが、最終的に水草の隙間に入り込んでしまい出てこなくなってしまったのだろうという仮説を立て、14:30に作業を終了しました。

最終的に今回救出したヘラブナは何kgだったか?

動画がありますので、そちらでご確認ください笑
そして高評価・低評価どちらでもいいのでポチッとして頂けると嬉しいので、よろしくお願いします。

水草だらけの池の水を全部抜いた結果…?【柳池ヘラブナセンター】

池の水を抜いた結果・・・何か出てきた?

動画の中では言いませんでしたが、池干しをして何が出てきたかというと・・・今回参加された方が昔に落としたという万力、穂先が4~5本程度、購入時に竿が入っているプラケースしか出てきませんでした。
やはり色々な道具も水草の中に埋もれてしまった説が濃厚です。

最後に作業を頑張ったみんなで記念撮影

みなさん、お疲れ様でした!

【撮影協力】
静岡県御殿場市 柳池ヘラブナセンター様
柳池ヘラブナセンターを愛する有志の方々
愛知県豊田市 ひだ池の方々
滋賀県長浜市 寺田鮎養殖様

SBFJ@トネガワの釣り歴は一応20年以上。エサのフナ釣りにはじまり、小学生の時にグランダー武蔵を見てはじめたバス釣りは残酷で、人生初のバスが釣れたのは21歳の時であった。最近はほとんどの釣りがへらぶな釣り。