開発者にGINKAKUパラソルの新作を解説をして頂きました

今回パラソルを解説して頂くのはグローブライド株式会社の佐藤浩志さん。
キャスティング岩槻店にてGINKAKU×かちどき(株式会社オオモリ)イベントを行うということで、ダイワフィールドモニターの田邊忠史さんと行ってきました。

今までのGINKAKUパラソルは少し小さかった

2019年9月にGINKAKUパラソルが新しく発売されます。
今までGINKAKUパラソルといえば、品質はいいんだけど少し小さいんだよね・・・と皆が口をそろえて言うパラソルでした。
しかし、今回新発売のパラソルはいわゆる釣宝100サイズだそうです。

へら台にセットすればほとんどをカバーできる、みんなが待っていたサイズ!

GINKAKUパラソルの使い分け方法から特許の話まで色々

現行品のGINKAKUのパラソル(G-213、G-214、G-215)をまずは解説して頂き、大きく日傘タイプと雨傘タイプに分かれていて、雨の時はいかに雨傘タイプが優れているかというお話からはじまりました。

2019年9月に発売予定の新製品大型パラソルのについての説明も、プロトタイプのパラソルを使いながらバッと風を逃がすポイントやシャフトがスチールで太くなった点など、開発者ならではのコアな部分を余すことなくしゃべり続けてくれました。

その様子を動画で撮影させて頂きましたので、ご覧ください

開発者に聞く新製品の製作秘話と現行品の解説【GINKAKUパラソル】

今回撮影協力頂いた方々

キャスティング 岩槻インター店様
グローブライド株式会社 佐藤様
神扇池チーフアドバイザー 田邊様

SBFJ@トネガワの釣り歴は一応20年以上。エサのフナ釣りにはじまり、小学生の時にグランダー武蔵を見てはじめたバス釣りは残酷で、人生初のバスが釣れたのは21歳の時であった。最近はほとんどの釣りがへらぶな釣り。