筑波白水湖で行われた石井旭舟さんの旭舟杯に参加しました

石井旭舟さんとは全く面識がなかったんですが、三和新池で毎月行われている月例会に参加したところ、その場に石井旭舟さんもいらっしゃったので当日撮影させて頂く旨を伝えたところ、快くOK頂きました。

そんな経緯で石井旭舟さんが主催している旭舟杯に2019年11月4日(月・祝)に参加させて頂きました。

旭舟杯は景品が豪華&面白いという噂は・・・

景品が豪華という噂で参加しましたが、毎年恒例のバラケマッハ一箱、凄麩一箱、力玉大粒一箱、力玉ハードII一箱、感嘆一箱などなど。
そして今年の目玉は・・・それは動画を見て頂くとしましょう笑

ほかにも元祖ふぐ印の新うるしで有名な櫻井釣漁具(Sakurai co., Ltd)の旭舟 夢や匠絆忠相、シマノの柳など色々な景品が。

竿が複数本、プライムエリアのへらバッグ イエローなどの景品が

筑波白水湖の様子は前日は雨が降るも当日は晴れ!

天気がどうなる事かと思われましたが、当日は晴れてスッキリしたものの釣果はかなり厳しい様子。

筑波白水湖でなかなか釣れずにうなだれるトネガワの様子笑

私は入った場所が悪かったこともありますが、8尺のチョーチンセットで3時間エサを打ち続けましたが、1枚釣れたっきり。
もうちょっと長竿でセット釣りをしていたら釣果は変わったかもしれませんが、それよりもお散歩タイムが長かったのはここだけのお話笑

旭舟杯の様子を動画にまとめたものがこちら

石井旭舟さん主催の旭舟杯にトネガワが参加!【筑波白水湖】

サムネからもわかりますが、食堂でモツ煮定食を受け取る際にビックリしたんですが、人手不足だったからなのか石井旭舟さん自ら配膳を手伝う姿にビックリしました。

SBFJ@トネガワの釣り歴は一応20年以上。エサのフナ釣りにはじまり、小学生の時にグランダー武蔵を見てはじめたバス釣りは残酷で、人生初のバスが釣れたのは21歳の時であった。最近はほとんどの釣りがへらぶな釣り。