フィッシングクラブ匠会の例会にゲスト参加

フィッシングクラブ匠会といえば、 ダイワフィールドテスターの鬼武者こと池澤幸誠さんが会長を務めるへらぶな釣りの会です。
関東だけでなく、中京の釣りイベントなども担当していたことがあったそうなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

実は私がへらぶな釣りを始める前、ミミズをエサにしてマブナ釣りを楽しんでいたところ、池澤さんに声をかけてもらい軽く雑談したことがあります。
そう考えると、一番最初に会ったへらぶな釣りのプロは池澤幸誠さんでした。

フィッシングクラブ匠会にゲストで参加させて頂きました

という経緯もあり、以前からお話させて頂いていたので、フィッシングクラブ匠会の例会にゲスト参加させてもらうこととなりました。

初ゲスト参加は2019年7月14日に清遊湖で行われる例会でしたが、現地に到着してみたら大雨!
とりあえず1番入場だったので、カメラ一式を持ち入場してみましたが、雨はやむ気配もなく振り続けてしまい、ようやく撮影開始できたのは午後になってから。
これはまずい・・・ということで、その時は普通に釣りを楽しみましたが、色々話した結果次回の例会時に撮り直そうということになりました。

そして翌月2019年の8月11日、筑波白水湖で行われた例会でバッチリ撮影ができる・・・と思いきや、これまた逆光で浮子が見にくい状態に。
動画はスマホで見ると、ちょっとわかりにくい映像になっていますがご了承ください。
(パソコンで見るとちゃんと見えてたんですけどね・・・)

フィッシングクラブ匠会の動画はこちら

池澤幸誠さん率いる匠会の例会にゲスト参加!

フィッシングクラブ匠会の例会は第二日曜日に行われているので、興味のある方はぜひゲスト参加してみることをオススメします。

池澤幸誠さんが主催する鬼武者大会に参加してきました

池澤幸誠さん主催の鬼武者大会に参加!【2019年 神扇池】

今年は残念ながら雨でしたが、去年に引き続き参加してきました。
当日はみんなテントを出して頑張って釣っていましたが・・・私はというと事務所で暖を取り続けていました。というのもテントを持っていないので、雨をしのぎ切れないということは寒さで死ぬビジョンが見えたので笑

もちろん当日の朝に参加費4000円を支払っているので、景品は頂きました。
今年の景品はかなりよかったように思います。

SBFJ@トネガワの釣り歴は一応20年以上。エサのフナ釣りにはじまり、小学生の時にグランダー武蔵を見てはじめたバス釣りは残酷で、人生初のバスが釣れたのは21歳の時であった。最近はほとんどの釣りがへらぶな釣り。